YOKOHAMA DESIGN COLLEGE JAPANESE LANGUAGE COURSE

大学・大学院進学コース
COLLEGE PREPARATORY COURSE

自己実現のための教育

日本語力をアップさせて、行きたい大学や大学院に進学することを目標とします。そのためには、試験対策のみならず、論文作成力やプレゼンテーション能力の向上も目指します。2年コース修了者は、大学2年、3年次への編入が可能となり、同時に専門士も取得できます。
  • 日本語力、総合科目、数学、物理、化学、など留学試験での高得点を目指す。
  • TOEFLのスコアをあげる。大学で必要な基礎的な英語力を向上させる。
  • 研究したいテーマを絞り込んで、研究計画書が書けるようにする。
  • いろいろなテーマに沿った小論文が書けるようにする。
  • 自分の考えを的確に相手に伝えることができるプレゼンテーション力を高める。
  • 卒業後のキャリアデザインを作成する。なりたい自分は何かを進路相談やキャリアガイダンスを通して明確にする。
  • コンピュータ演習(情報処理、ワード、エクセル、パワーポイントなど)で大学や大学院で役に立つスキルを身につける。
大学院大学進学コース

大学・大学院進学コース時間割

大学・大学院につながる日本語

◆ 自分は何になりたいのか、どの学校を選ぶのか ⇒ 一人ひとりに合わせた進路・キャリアサポート
◆ 合格するための科目を選択しよう ⇒ 文系・理系に対応した多くの選択科目
◆ 自分の考えを発表しよう ⇒ アウトプット力の向上

POINT 日本留学試験で高得点を目指す 
読解は、短時間で要点をつかむ読み方の習得を、聴解では、講義の内容が聞き取れ、講義を聴きながら、表やグラフが読み取れる能力を高めます。
文系の学生のためには総合科目や数学Ⅰで、理系の学生には物理、化学、生物、数学Ⅱで高得点がとれるように一人ひとりにあった授業を用意します。

POINT 日本語能力試験でも高得点でN1合格を目指す
説明文、論述文のみならず、随筆なども読める長文読解力、いろいろな場面での聴解力の向上をめざします。入学時、日本語能力試験N1に合格していない学生は、必ず1年次にN1試験に合格するよう指導します。

POINT 英語はどこの大学や大学院に入っても必要
TOEFLでのハイスコアが取れるように、リーディング、リスニング、ライティングのほかにスピーキング力の向上も目指します。
TOEFLが必要ない大学でも、英語力は大切です。基礎から学びます。

POINT 毎週必ずキャリアデザインの授業
どんな自分になりたいのかいつも考えてもらいます。そのことによって、どんな大学を受けたらいいのかも見えてきます。

POINT 情報処理の授業もあります
ワード、エクセル、パワーポイントは大学や大学院でも必要です。コンピュータの基礎技術を徹底的にマスターさせます。

POINT プレゼンテーションができるようにしよう
資料を集めて、自分の考えをまとめて、みんなの前で発表する授業をします。頭で考えていることをプレゼンテーションできるアウトプット能力を身に付けさせます。

POINT 大学対策講座
大学独自の試験対策、小論文対策をします。

POINT 大学院対策講座
教授とのコンタクトの取り方から、研究計画書の準備、指導教官とのやり取りなど大学院で求められるスキルを身につけます。