YOKOHAMA DESIGN COLLEGE JAPANESE LANGUAGE COURSE

実用日本語コース
ACUTUAL USE JAPANESE COURSE

正しい日本語から、使える日本語へ

実用日本語コース日本での生活をより円滑に、また、就職希望者には日本国内での就職ができるように日本語力のアップと日本文化と社会に対する理解を深めることを目的として新設されたコースです。日本語、日本文化以外にも、日本企業で働くための社会人基礎力を養成します。卒業時には専門士の資格を取ることができ、日本での就職を目指します。
  • 日本語力、特に日本人との交渉やビジネスで必要な日本語力の向上を目指す。
  • BJTビジネス日本語能力試験、STBJ標準ビジネス日本語テスト、日本語能力試験での高得点を目指す。
  • 日本社会、企業などで、日本人とふれあうことによって、異文化コミュニケーションの技術を学ぶ。
  • 他の日本人社員と同様に日本企業が求める社会人基礎力、自ら考える力、チームで働く力などを鍛える。
  • 卒業後のキャリアデザインを作成する。
  • キャリアカウンセリングを通して、日本での就職を目指す。
  • コンピュータ演習を通してビジネス現場で使えるコンピュータ技術を修得する。
  • TOEICなど、日本企業が求める英語力の向上を目指す。
実用日本語コース

実用日本語時間割

デザインの学校の中にある総合日本語科だからこそ受けられる授業

YDCでは独自の教育システムとデザイン、エンタテインメントの豊富な授業により様々な業界で活躍できる語学のスペシャリストを目指すあなたを全面的に応援します。

POINTコマーシャル制作
チームを組んで15秒の新商品のコマーシャルフィルムを制作します。日本語版と母国語版を制作しますので日本語の力、実際の説明内容を母国語に翻訳するので2つの力が同時に伸ばせます。

POINTインタビュー・テープ起こし・リライト
実際に日本人にインタビューをし、録音されたテープを文字に起こし、さらに分かりやすい文章にまとめます。この作業は実際に就職したり大学院に進学したときにとても役に立ちます。それをさらに母国語に翻訳するので日本語力、翻訳力が爆発的にアップします。

POINTコピーライティング
日本のコピーライターから言葉の持つイメージについて深く学びます。ここで使える日本語、そして日本語の持つ魅力について知ることができます。

POINT日本語教師養成
日本語を学ぶ立場から、教える立場に変わって見直します。言葉を教えるためには学ぶ言語と母国語の基本的な構造をしっかりと理解しなければなりません。しかし翻訳や通訳を学んでいるのでここで教え方を学べば、将来母国に帰って新しく日本語を学ぶ人たちに効果的に日本語を教えることができます。