POLICY

教育方針・理念

日本語教育の指導を行うための教育方針

教育の目的

日本語能力の開発と教養の向上

横浜デザイン学院では世界のグローバル化に伴い、外国人留学生に対する日本語の振興を通じ、職業、もしくは実生活に必要な日本語能力の開発と教養の向上を図ることを目的としています。

きめ細かな指導

一人一人のニーズにあった教育

分かりやすい授業ときめ細かな指導を通して、一人一人のニーズにあった教育を行っています。
大学、大学院、専門学校進学の学生のために、留学試験対策・能力試験対策をはじめ、『読む』『書く』『話す』『聞く』の4技能をバランスよく教えています。
就職を希望している学生に対しても、就職のサポートを行い、仕事で困らない日本語力を養成しています。

日本語学校として

誠意を持って教育指導を行います

日本語を通じ、日本文化、日本の歴史を学び、日本のファンを増やすため、誠意を持って教育指導を行います。

学生の能力別、目的別でクラスを設定

4技能をバランスよく高める授業

漢字圏、非漢字圏等クラスを分け、漢字や会話に重点を置いた授業を展開しています。
独自の教材を使い、アクティブラーニングの手法を用いた『読む』『書く』『話す』『聞く』の4技能をバランスよく高める授業を行い、各行事などを通じて日本語の運用能力を高めていきます。