YOKOHAMA DESIGN COLLEGE JAPANESE LANGUAGE COURSE

講師紹介
TEACHING STAFF

国際色豊かな横浜で、夢の実現を目指しましょう!

牛島 早苗(日本語学科)


牛島 早苗(日本語学科教師) 皆さんが日本語を学ぶ目的は何ですか。日本の大学に入るためですか。日本語で仕事をするためですか。コミュニケーション能力を高めるためですか。この学校には、皆さんの目的に合ったプログラムが用意されています。

勉強することは、たくさんありますが、頑張れば頑張った分だけ、日本語能力が向上します。
私は、皆さんが頑張れるように指導していきたいと思っています。目的が達成されたとき、皆さんは自分の夢に確実に近づいているはずです。
日本への留学は、夢の実現を目指す皆さんにとって、大きな一歩です。と同時に、国際人への一歩なのです。この学校は横浜にあります。

横浜は、外国との貿易で発展していった町です。ですから、多くの外国の方が住んでいます。
クラスメートだけでなく、いろいろな外国の方と接する機会もできるでしょう。
つまり、この学校で学ぶことは、国際人になるための近道でもあるのです。
留学するなら、この学校で学びましょう!

学生から学ぶ日々

高木 薫(日本語科)


高木 薫(日本語科教師) 「言葉を学ぶということは、文化を学ぶということだ」といわれます。留学生の皆さんは、毎日の異文化体験を通じて、身をもって日本の言葉と文化を学んでいるといえるでしょう。

特に、予備教育期間は、異文化体験の最初期段階に当たります。それは皆さんにとって、決して楽しいだけの生活ではありません。
日々直面する様々な問題を自分自身で解決し乗り越えていかなければならない厳しい道程(みちのり)でもあります。本校はそのためのサポート体制も充実しています。

学生の多くが、日本語の能力とともに、たくましい生きる力を身に着けて巣立って行きます。
「本校の学生はよくやっている」というのが私の印象です。
皆さんと一緒に学びながら、私も、教師としての自分を鍛えていきたいと願っています。

もっと日本を好きになってもらえるように

佐久間 みのり(日本語科)


佐久間 みのり(日本語科教師) 横浜デザイン学院には、夢や目的を持って日本語を学んでいる学生がたくさんいます。その夢や目的はそれぞれ違いますが、共通しているのは日本語を通じて日本とコミュニケーションしようとしていることです。

日本の技術・文化・経済・そして日本人。この学校では日本語を勉強するだけでなく、社会見学・課外授業・文化祭・スポーツ大会など、日本とコミュニケーションする機会がたくさんあります。

 私も学生たちと一緒に楽しく、わかりやすく、もっと日本を好きになってもらえるような授業をしたいと心がけています。