NEWS

ニュース

日本語学科の学生が個展を開催いたしました

Topics
先週日本語学科の学生の張玉美さんが、横浜市民ギャラリーにて個展を開催いたしました。
横浜市民ギャラリーでは、日本人以外が個展を開催するのは初めてとのことです。
張玉美さんの素晴らしい作品が飾られていました。


日本語学科の学生が個展を開催いたしました
日本語学科の学生が個展を開催いたしました


張玉美さんは高校時代、台湾で有名な画家シャオ・ルソンの弟子でした。
2016年・2017年には、台湾で個展を開催しました。
そして今回、横浜市民ギャラリーで日本で初めての個展を開催することになりました。
この展覧会では、代表的な台湾の素材を生かした、台湾のカラフルな文化を紹介しています。


日本語学科の学生が個展を開催いたしました


【張玉美さんコメント】
Sunny Li(日本名:リー・はるこ)
英国レスター大学MBA(経営学修士)を取得。

今回初めて、日本で個展を開きました。
去年の10月に来日し、日本語が全くできませんでしたが、勉強した日本語を使って個展を開くことができました。
横浜市民ギャラリー、外国人が個展を開くのは私が初めてです。
館長さんをはじめ、スタッフの皆さんが協力してくれました。

私は、横浜デザイン学院の学生の中で最年長です。ですが、エネルギーは一番あります。
横浜で個展を開くチャレンジをしました。
だから、若い学生も私みたいにいろいろなことにチャレンジしてほしいと思います。


■横浜市民ギャラリー
http://ycag.yafjp.org/


張玉美さん